中島ふとん店 画像1-PC
中島ふとん店 画像2-PC
中島ふとん店 画像3-PC
中島ふとん店 画像1-SP
中島ふとん店 画像2-SP
中島ふとん店 画像3-SP
中島ふとん店

スリープマスターがお勧めする「羽毛ふとんの選びかた」

中島ふとん店

みなさんは「羽毛布団」といってもいろいろありすぎて、どれを選べばいいのかわからない…。そんな人も多いのではないでしょうか?

決して安いものではないし、長く使うものだからこそ、失敗はしたくないですよね。

中島ふとん店の眠りのプロ、スリープマスターがおすすめする、「質の良い羽毛布団を選ぶのに大切な3つのポイント」をお伝えします。

<ポイント①羽毛の種類と量>

羽毛布団の「羽毛」とは、主にグース(がちょう)やダック(鴨)をはじめとした水鳥の胸に生えている、芯のない綿羽(ダウン)のこと。良質なダウンは、タンポポの綿毛のようにフワフワとしていて、寒いときには広がって空気をたくさん含みます。逆に暑いときには、縮んで通気性を上げ、汗などの湿気を吸い取り外へ放出する特性があります。だからこそ羽毛布団は「冬に暖かく、夏はさわやか」が叶うんです。

羽毛布団の暖かさは「いかに空気をためこめるか」で決まります。羽毛が多ければ多いほど、空気の層がたくさんできるため、暖かさが増すというわけです。

一般的な羽毛布団の中には、およそ1.2kgの原毛が入っています。肌掛けなら約0.3kg、合い掛けなら約0.7kgと、ボリュームはさまざまなので、利用する季節に合わせて選びましょう。

<ポイントその2.羽毛の質>

たとえ羽毛の量が同じであっても、空気を含む量は羽毛の質によって異なるため、暖かさにも違いが生まれます。ダウンボールのサイズが大きい方が、空気をより多く含むことができるので、小さなダックよりもグース、さらに数年育ったマザーグースのほうが、上質だとされています。

<ポイントその3.縫製と生地>

布団の中の羽毛が偏らないように、工夫された縫製(キルト)であることも重要なポイント。外側の生地が柔らかく、体に掛けた時に、カーブにフィットするかどうかが重要で、お店で寝試しして確かめてから選ぶ事をお勧めいたします。

<ポイントその4.羽毛の洗浄>

国内の羽毛専用工場で徹底した洗浄工程を経て、フレッシュアップ加工を施してゴミ、ホコリ、ファイバー(切れた羽毛、切れた羽根)、動物特有の臭いを徹底的に除去しています。

羽毛の質、量、生地、縫製、洗浄。外から見ただけではわからないことは、お店のスタッフにお気軽に聞いて下さい。 

4つのポイントを意識しながら、快適な羽毛布団を選んでくださいね。

中島ふとん店
中島ふとん店
中島ふとん店

スリープマスターがお勧めする「羽毛ふとんの選びかた」

みなさんは「羽毛布団」といってもいろいろありすぎて、どれを選べばいいのかわからない…。そんな人も多いのではないでしょうか?

決して安いものではないし、長く使うものだからこそ、失敗はしたくないですよね。

中島ふとん店の眠りのプロ、スリープマスターがおすすめする、「質の良い羽毛布団を選ぶのに大切な3つのポイント」をお伝えします。

<ポイント①羽毛の種類と量>

羽毛布団の「羽毛」とは、主にグース(がちょう)やダック(鴨)をはじめとした水鳥の胸に生えている、芯のない綿羽(ダウン)のこと。良質なダウンは、タンポポの綿毛のようにフワフワとしていて、寒いときには広がって空気をたくさん含みます。逆に暑いときには、縮んで通気性を上げ、汗などの湿気を吸い取り外へ放出する特性があります。だからこそ羽毛布団は「冬に暖かく、夏はさわやか」が叶うんです。

羽毛布団の暖かさは「いかに空気をためこめるか」で決まります。羽毛が多ければ多いほど、空気の層がたくさんできるため、暖かさが増すというわけです。

一般的な羽毛布団の中には、およそ1.2kgの原毛が入っています。肌掛けなら約0.3kg、合い掛けなら約0.7kgと、ボリュームはさまざまなので、利用する季節に合わせて選びましょう。

<ポイントその2.羽毛の質>

たとえ羽毛の量が同じであっても、空気を含む量は羽毛の質によって異なるため、暖かさにも違いが生まれます。ダウンボールのサイズが大きい方が、空気をより多く含むことができるので、小さなダックよりもグース、さらに数年育ったマザーグースのほうが、上質だとされています。

<ポイントその3.縫製と生地>

布団の中の羽毛が偏らないように、工夫された縫製(キルト)であることも重要なポイント。外側の生地が柔らかく、体に掛けた時に、カーブにフィットするかどうかが重要で、お店で寝試しして確かめてから選ぶ事をお勧めいたします。

<ポイントその4.羽毛の洗浄>

国内の羽毛専用工場で徹底した洗浄工程を経て、フレッシュアップ加工を施してゴミ、ホコリ、ファイバー(切れた羽毛、切れた羽根)、動物特有の臭いを徹底的に除去しています。

羽毛の質、量、生地、縫製、洗浄。外から見ただけではわからないことは、お店のスタッフにお気軽に聞いて下さい。 

4つのポイントを意識しながら、快適な羽毛布団を選んでくださいね。

中島ふとん店
中島ふとん店

スリープマスターがお勧めする「羽毛ふとんの選びかた」

みなさんは「羽毛布団」といってもいろいろありすぎて、どれを選べばいいのかわからない…。そんな人も多いのではないでしょうか?

決して安いものではないし、長く使うものだからこそ、失敗はしたくないですよね。

中島ふとん店の眠りのプロ、スリープマスターがおすすめする、「質の良い羽毛布団を選ぶのに大切な3つのポイント」をお伝えします。

<ポイント①羽毛の種類と量>

羽毛布団の「羽毛」とは、主にグース(がちょう)やダック(鴨)をはじめとした水鳥の胸に生えている、芯のない綿羽(ダウン)のこと。良質なダウンは、タンポポの綿毛のようにフワフワとしていて、寒いときには広がって空気をたくさん含みます。逆に暑いときには、縮んで通気性を上げ、汗などの湿気を吸い取り外へ放出する特性があります。だからこそ羽毛布団は「冬に暖かく、夏はさわやか」が叶うんです。

羽毛布団の暖かさは「いかに空気をためこめるか」で決まります。羽毛が多ければ多いほど、空気の層がたくさんできるため、暖かさが増すというわけです。

一般的な羽毛布団の中には、およそ1.2kgの原毛が入っています。肌掛けなら約0.3kg、合い掛けなら約0.7kgと、ボリュームはさまざまなので、利用する季節に合わせて選びましょう。

<ポイントその2.羽毛の質>

たとえ羽毛の量が同じであっても、空気を含む量は羽毛の質によって異なるため、暖かさにも違いが生まれます。ダウンボールのサイズが大きい方が、空気をより多く含むことができるので、小さなダックよりもグース、さらに数年育ったマザーグースのほうが、上質だとされています。

<ポイントその3.縫製と生地>

布団の中の羽毛が偏らないように、工夫された縫製(キルト)であることも重要なポイント。外側の生地が柔らかく、体に掛けた時に、カーブにフィットするかどうかが重要で、お店で寝試しして確かめてから選ぶ事をお勧めいたします。

<ポイントその4.羽毛の洗浄>

国内の羽毛専用工場で徹底した洗浄工程を経て、フレッシュアップ加工を施してゴミ、ホコリ、ファイバー(切れた羽毛、切れた羽根)、動物特有の臭いを徹底的に除去しています。

羽毛の質、量、生地、縫製、洗浄。外から見ただけではわからないことは、お店のスタッフにお気軽に聞いて下さい。 

4つのポイントを意識しながら、快適な羽毛布団を選んでくださいね。